ダライ・ラマ法王猊下からの親書 2006年

援助のお願い

シェドゥプ・ドゥンジョリン寺は、ドゥンジョム・リンポチェの要請に従ってケツン・サンポの手でネパールに設立されてから、33年間の長きにわたって仏教教育機関としての役割を見事に果たしてきました。ところが、ケツン・サンポが高齢となったため、寺院運営に関わるすべての責務を果たすことが困難となり、逼迫した状況に追い込まれているのが現状です。

現在、この法脈を絶やさないことに重要な意味を見いだしている寺院の門弟たちとその協力者達が、シェドゥプ・ドゥンジョリン寺の継続のために動き出そうとしています。私、ダライ・ラマは、すべての仏教の修行者たちに対して、利己のみならず利他の精神を以て、彼らに助けの手を差し伸べるよう求めたいとの意を表します。

2006年3月8日
ダライ・ラマ14世テンジン・ギャツォ

Posted by staff at March 8, 2006 11:13 AM